読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlock yourself. 自分を”アンロック”せよ

津波から奇跡的に生還した”禅僧”の「自分をアンロック」するブログ。

「感謝」などせず、むしろ「人の世話になってしまえ」

f:id:satoryoki:20151203232538j:plain

 「感謝」は「する」もんじゃない

「感謝」「人生」

などと検索すると

”名言”や”生きるヒント”的なもの

それはそれはたくさん出てくる。

 

私は、真逆です。

 

「感謝」など、するもんじゃない。

 

そう思っている。

 

「感謝する」というコトバ。

 

本当に、そうだろうか。

 

satoryoki.hatenablog.com

 

溢れでて仕方のないもの

 今回のハワイでの東北物産展。

 

こちらから頼んだわけでもないのに

至れり尽くせりの準備と

ありあまる程の気持ち。

 

決して皆さん暇なわけではなく

むしろそれぞれが積極的に

いくつもの社会活動に関わっていて

ハワイ中を飛びまわっている。

 

遠く離れた南海の楽園で

 

こんなにも私たちのことを想ってくれている。

 

思えば私たち東北の人間は

 

震災以降

 

世界中の友人たちに

 

世話になりまくった。

 

それはもう・・・

 

ほんとにもう・・

 

    嬉しくて

 

    愛おしくて

 

 感謝です!!

 

ほら!

 

「感謝」って

 

「する」ものじゃなくて

 

嬉しくて、愛おしい気持ちが

湧いて湧いてしかたがないから

 

「せずにはいられない」もの!

 

(自分から)あえて「する」「感謝」なんて

 

ニセモノ!

 

自分の奥の奥から湧いてくる

 

嬉しくて愛おしくてしょうがない

 

その想いが

 

ほんとうの「感謝」の正体。

 

言葉として、口から

 

ふるまいとして、身体から

 

溢れでてしまうもの

 

 

それが「感謝」なのだ。

 

satoryoki.hatenablog.com

 

「歓喜」が実現してしまう

その人に

嬉しくて愛おしくてありがたくて

そんな気持ちになるには

 

「世話になる」経験がひつようだ。

 

それも、遠慮しがちになんかじゃなく

 

「気持よく人の世話になりまくる」

 

ぐらいで丁度いい。

 

なぜなら

 

それは同時に

 

「人の世話をする」という

 

「誰かのチカラになる」という

 

「喜び」が相手にわきあがる

 

それも

 

嬉しさと

愛おしさという

 

同じ「歓喜」なのだ!

 

そこに 

「歓喜」が実現してしまう。

 

私たちはその「歓喜」に立ち会う時

 

私たちの中の「生命のチカラ」

立ち上がるのだ。

 

satoryoki.hatenablog.com

 

気持よく世話になりまくれ

「感謝」しよう

 

って言われても

 

どうしていいかわからない

 

それが普通。

 

普通はそう。

 

だから私なんかのような「普通の人」には

 

むしろ

 

「人の世話になれ」

 

のほうがいい。

 

それも

 

「気持よく人の世話になりまくってしまえ」

 

そもそもだれもが

最初から「みんなの世話」に、なりまくっているのだ。

 

でもそうすれば

 

ほんとうの「感謝」がわかる。

 

「感謝」が、自分から溢れ出てくる。

 

同時に

 

この上ない「歓喜」を

 

自分にも

 

相手にも

 

同時に産みだすことなのだから!

 

Have a good day, and 

 

Unlock yourself.

 

f:id:satoryoki:20151204141022j:plain