読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlock yourself. 自分を”アンロック”せよ

津波から奇跡的に生還した”禅僧”の「自分をアンロック」するブログ。

名前を変えました。

アンロック 生きにくさ いたずら心

f:id:satoryoki:20160711225418j:plain

リ、イョーキ?

海外に行くと、”名前”で困ることがある。

 

僕の名前の”リョーキ”は、

英語圏の人にとって

ずいぶん発音しにくいようなのだ。

 

何度も言い直させるのもあまり楽しくないので

去年ぐらいから”旅行名”を使うことにしている。

「旅行中限定の、名前」みたいなものだ。

 

マイクとかジェームズとか、

今更英語っぽい名前もダサいので

我々日本人に発生学的に風貌がよく似ている

「メキシコ名」を使うことにした。

(つまりスペイン語だけれど)

 

背徳の喜び

例えばスタバで注文すると名前を聞かれ、

商品ができると名前を呼ばれる。

 

今回の渡米では

JOSE(ホセ)」と名乗ることにした(笑)

 

フラペチーノのグランデを頼んで

スタバの店員に「名前は?」聞かれ、

「ホセ」と答えた。

 

やってみるとわかるけれど

「ホセ、です。」と、口に出して言うのは

結構抵抗がある。

なにか背徳めいた後ろめたさがあって

名前を偽るというのは、とても新鮮だ(笑)

 

しかし口に出すと、妙な高揚感がある!

 

一方で、世界はといえば

そんなドキドキをひた隠して

フラペチーノを頼む僕に反して

 

スタバの店員はというと

 

「ホセ、ね。」

 

と、拍子抜けするほど

全く意に介する様子がない。

 

あれ。。。

 

つまり

ドキドキしてたのは自分だけ。

 

僕の名前が何であろうと、

世界の大勢には関係がないのだ。

 

チカーノ

しかし、自分にとっては

まるで別の人になったかのような

変化が起こる。

 

「ホセ」と名乗るだけで

メキシコ人の陽気さとしたたかさを

獲得してしまうようにさえ思われ

まるでメキシコシティの

ギャングの端くれのように

ふてぶてしくフラペチーノを受け取るのだ。

 

うん、悪くない。

楽しいぞ。

 

テイラー・スイフト

ツマラナイことで悩んで

自分が嫌になったそんな時は

名前を変えてみたらいい。

 

スタバの注文の時は、

テイラー(スィフト)」と名乗ればいい(笑)

 

違った一日が始まるかもしれないよ。

 

名前を変えることぐらい、なんてことない。

 

違った自分を生きることを恐れるな。

 

どんな自分でもいい。

何やってもいい。

 

世界は、それほど気にはしないんだよ!

 

Unlock yourself.

Unlock your life.

 

追記

水商売ではフツーだけど(汗)

f:id:satoryoki:20160711225334j:plain