読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlock yourself. 自分を”アンロック”せよ

津波から奇跡的に生還した”禅僧”の「自分をアンロック」するブログ。

笑って生きる自由を謳歌しよう

アンロック ハピネス 今、生きてるという奇跡

f:id:satoryoki:20161231205509j:plain

人間の可笑しさ

いよいよあと数時間で今年が終わる。

しかし、同時に新年が始まることを知ってる私たちは

今年が終わることに寂しさは感じるけれど

恐怖を感じることはない。

 

でも、自分で作ったしくみでありながら

やはり寂しさを感じてしまうのも

人間の哀しさであり、可笑しさなのだ。

 

美しすぎる街

私の妹が青年海外協力隊で赴任した美しい国、シリア。

彼の国では

今夜も空爆の下で一夜を明かす家族が

一体何組いるんだろう。

 

私がシリアを訪れた15年前は

平和で、本当に美しい国だった。

人々は穏やかで人懐っこく

故国を離れ1人暮らす妹を

家族のように大切にしてくれた。

 

彼女の住んでいた街ホムスは

冗談好きな街として知られていて

ホムスに住む人がいかに間が抜けていて面白いかを

たくさんのネタにして笑って暮らしていた。

 

そう。

笑って暮らしていた。

 

豊かで穏やかな国。

笑って暮らす人達。

 

そこは、美しすぎる国だった。 

夢、とはなんだろう

ひそかに連載している地元のフリーペーパーに

「夢を持つこと」という内容の質問に答えた。

 

夢を持つこととはなんだろうと言葉を選んでいるうちに

夢を選ぶ、ということが

世界中の多くの国とって

多くの愛おしい友人たちにとって

「夢のような話」だと、気づいてしまった。

 

夢を選ぶなんて、なんて夢の様な話だろう。

 

私はそこでキーが叩けなくなってしまい

尻切れトンボのような記事で

それを終わりにしてしまった。

 

(参考:過去記事)

satoryoki.hatenablog.com

 

イブン・バットゥータ

妹が下宿している家の家族に

私は旅が好きだ、と伝えると

「イブン・バットゥータ!」と驚きながら喜ばれた。

 

なるほど、イブン・バットゥータか!

 

14世紀にアフリカから中国まで(!)旅をした

アラブ世界を代表するのはもちろん

世界史上もっとも偉大な旅行家とされる。

もちろん、そんな彼の足元にも及ばないが

それ以来、自己紹介するときに

「日本のイブン・バットゥータです」と言うと

誰もが喜んでくれ、一緒に笑いあった。

 

そう、何度も笑いあった。

 

(参考:過去記事)

satoryoki.hatenablog.com

 

笑って生きる自由を謳歌しよう

どこに住んでいようと

何をしていようと

笑って生きる自由が、私達にはある。

 

私が生きてこれを書き

あなたが生きてこれを読む。

 

たったそれだけでも奇跡のようなこと。

 

どうせ生きるのなら

笑って生きる自由を存分に謳歌したい。

誰に恥じることなく大声で

自由の歌を歌う子どものように。

 

何をしたっていい。

何をしなくったっていい。

 

笑っていたい。

笑っていてほしい。

 

笑って生きる自由は

この手の中に、いつもあるのだから。

 

Unlock yourself.

Unlock your Happiness.

 

f:id:satoryoki:20161231205451j:plain