読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlock yourself. 自分を”アンロック”せよ

津波から奇跡的に生還した”禅僧”の「自分をアンロック」するブログ。

恥じらいも愚かさも強さもみっともなさも、開け放つこと。

f:id:satoryoki:20170403200311j:plain

死にゆく人と 共にあること

以前から会いたいと思っていた

ジョアン・ハリファックス老師の講演会に

参加してきた。

老師は、禅の指導者であり、

かつ終末期医療におけるケアのスペシャリストとして、

日本でも実践を指導している方。

 

講演は”予想通り”素晴らしいものだった。

なぜなら師の著書

「死にゆく人と共にあること」が

そもそも素晴らしいこと、そして

師の「compassion (深い思いやり)」

についての”TED”トーク

何度も見ていて

師の人柄に既に魅了されてたから。

 

【TED トーク

ジョアン・ハリファックス:

慈悲、そして共感の真の意義について
http://go.ted.com/morPLw

 

講演の内容は著書の内容に沿いつつ、

時間の関係で究極的に削ぎ落とされたものだったけれど、

それがかえって師のメッセージ

「死を(医療化されたもの)から

”コンパッションによっていのちの営みへ”取り戻す」を、

シンプルかつソリッドに伝えることなった気がする。

死にゆく人と共にあること: マインドフルネスによる終末期ケア

死にゆく人と共にあること: マインドフルネスによる終末期ケア

オーラバトラー

僕の友人が、

「アートとは、出会ってしまったが最後、

 その人が変わらざるをえないもの。」と

定義するといっていた。

 

 ジョアン・ハリファックス老師も

その知識や実績とは”全く別の次元”で

僕らの”ソウル”が感応する、「オーラ」に満ちていた。

英語で語ろうと通訳を介そうと

(通訳は、我らがマインドフルネス・ディーヴァ、木蔵シャフェ君子さん!

 彼女自身の”オーラ”含めて素晴らしかった!)

出逢う人が、”何かしら変わらざるを得ない”

真摯で、柔らかで、慈しみ深く、そして確固たる

”オーラ”が共にあった。

 

僕らは自分で自覚していてもいなくても

そんな”オーラ”を放ち、感じる能力を実は豊かに備えてることも

あらためて気付かされた。

経験や知識、実績が関係ないとは言わないけれど

何を言うか、ということよりも絶対的に

その生き様、生きる態度が放つ”オーラ”を纏う。

 

ハリファックス老師の佇まいに

浮かんできたイメージは

「オーラ・バトラー」だ!

 (古くてごめんwww。)

(参考:過去記事) 

satoryoki.hatenablog.com

ちが~う!

そんなことを書きたかったんじゃない!

 

ともかく!

 

ハリファックス老師の「存在感」は

「ほんとうに開け放たれている」感がすごかった!

 

師が経験したであろう喜びも悲しみも知識も経験も

恥じらいも愚かさも強さもみっともなさも

まるごとそこに置いてあるようなのだ。

 

そしてどこの誰だろうと

亀だろうと人間だろうと病人だろうと

男であろうと女であろうとどちらでもなかろうと

師のそばに「いる」ことに何の抵抗も感じず

ただそこに”そのままに”いていいという安心感。

 

師は開け放たれたまま、

世界に出会い、話し、和む。

その感じ!

 

日が経つにつれ、あらためて

師の「ほんとうに開け放たれた存在感」の

凄さと安らかさを

思い出さずにはいられない!

あれを”オーラ”と呼ぶのだ!

 

 (参考:過去記事)

satoryoki.hatenablog.com

この世界を変えてゆくもの

その「自分を開け放つこと」は

僕にとって最重要な命題だ。

 

もちろん、自分自身がいつも

「アンロック」をキーワードに

「開け放たれている」ことに清々しさを感じ

「開け放たれている」ことで自分と周りがどうなるのかを

  見届けようと思っている。

だからこそ、

出逢う人すべての「開け放たれた存在感」に

やっぱり僕は”変わらざるを得ない”し

”受け取る学び”という変化の喜びを感じるのだ。

 

たとえどんなに「経験や知識や実績や”社会的称号”」があっても

どこか「閉ざされた感じ」のある人には

やはり僕は気づいてしまう。

 

そしてこちらも「閉ざしてしまう」感じを

自分の中に感じてしまう。すると、

「経験や知識や実績や”社会的称号”」から

学びとして受け取ることは

圧倒的に狭く、難しくなってしまう。

 

素晴らしい出会いだった。

やっぱり、人に影響を与え

この世界を変えてゆくものは

この「開け放たれた存在感」が、

その人にあるからなのだろう。

 

やはり、”ホンモノ”に会うことに勝る学びはない。

 

そうだ。

ハリファックス老師の著書の中には

「透明さ」と表現されているものがある。

 

長くなったのでそれは、次回。

 

Unlock yourself.

Unlock your Aura.

f:id:satoryoki:20170403203621j:plain

==================

【 佐藤良規 】

*「津波で生き残った僧侶のほんとうの話」「生きていることの奇跡」

 「ほんとうに”生きる”とは」「被災地で知ったほんとうのグリーフケア

 などの講話・講演・ワークショップ等のご依頼は

 メール bakachin2000@gmail.com 

フェイスブック 

https://www.facebook.com/bakachin2000

ツイッター

法衣無き遊行者@佐藤良規 (@bkcn2k) | Twitter

*プロデュースコンテンツ

インターネットラジオポッドキャスト

< 藤田一照「仏教で人生はもっと面白い!?」>

Itunesポッドキャスト)版】

 https://goo.gl/Zxe7jd

【ブログ版】

 http://fujitaisshopodcast.seesaa.net/

Youtube版】

 https://goo.gl/OUxt6e
====================