読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlock yourself. 自分を”アンロック”せよ

津波から奇跡的に生還した”禅僧”の「自分をアンロック」するブログ。

大分・善隆寺法話と熊本訪問①

f:id:satoryoki:20170419111305j:plain

”ざびえる”

永平寺の同級生であり、一緒に

東日本大震災で活動した仲間である

自覚大道さんのお寺、善隆寺で

春季法要の法話をさせていただいた。

 

大分空港に着いた途端

「ざびえる」

というお菓子の看板に、あぁ、異国に来たのだなと

旅情を掻き立てられた(笑)

 

善隆寺さんは

仕事や農業に携わる檀家さんのため

午後と夜の2回の法要を行っている。

よる7時半からの先祖供養は昼間とは違った

なにか厳かさの中にも親しさの感じられる

とてもいい雰囲気だった。

生きているからこそ会える

震災の体験を通じて、こうしてこの場で

生きて相見えるありがたさを

自覚さんとの対話形式でお話した。

僕にとっては

こんなかたちで多くの方に出会えること自体が

あの時助かって、今生きていることの証拠で

ほんとうに本当に嬉しくありがたいことなのだ。

(参考:過去記事) 

satoryoki.hatenablog.com

 

最後はいつものように「ハグ」で締めようと

思ったが、皆様の年齢を考慮して

みなさんと握手して法話を終えようとした。

 

するとその中で何人もの方が

ぐっと強く握り返してくれたり

いつまでもいつまでも手を握ってくださったり

大分まで来てよかった、としみじみ思えた。

(泣きそうになった。。)

 

ご縁という有機ネットワーク

夜の部には

たまたま?熊本に来ていた

友人のダンサーの小田原真理子さんが

熊本地震の被害者でもあるご夫婦に送迎され

善隆寺に駆けつけてくれ、

仏前で舞を奉納してくれた。

 

真理子さんと僕が話があうのは

お互い「ご縁」という有機ネットワークに

お世話になり倒したという原体験があり

だからこそ心からあたたかい信頼をしていて

そのご縁に「生かされる」「往かされる」ことを

楽しみつつ感謝しているところかもしれない。

(参考:過去記事) 

satoryoki.hatenablog.co

悲しみから大いなる循環へ

いつもながら、真理子さんの舞には

言葉にならない感動を覚える。

 

しかしあえて言うならば、

悲しみが悲しみの精霊としてそこにあらわれ

その場にいる僕達と感応し合うことで

”悲しみの精霊”がメタモルフォーゼして

”大きな循環の精霊”となって

「大丈夫だよ」と微笑んで

虚空へとかえってゆく。

そんな舞なのだろうか。

 

皆さんも舞に見入って、

喜んでくださったようだった。

善隆寺の皆様、ご縁のあった皆様

ほんとうにありがとうございましたm(_ _)m

Unlock yourself.

Unlock your life.

(②へ続く)

f:id:satoryoki:20170419110336j:plain

==================

【 佐藤良規 】

*「津波で生き残った僧侶のほんとうの話」

 「生きていることの奇跡」

 「ほんとうに”生きる”とは」

 「被災地で知ったほんとうのグリーフケア

 などの講話・講演・ワークショップ等のご依頼は

 メール bakachin2000@gmail.com 

フェイスブック 

https://www.facebook.com/bakachin2000

ツイッター

法衣無き遊行者@佐藤良規 (@bkcn2k) | Twitter

*プロデュースコンテンツ

インターネットラジオポッドキャスト

< 藤田一照「仏教で人生はもっと面白い!?」>

Itunesポッドキャスト)版】

 https://goo.gl/Zxe7jd

【ブログ版】

 http://fujitaisshopodcast.seesaa.net/

Youtube版】

 https://goo.gl/OUxt6e
====================