読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unlock yourself. 自分を”アンロック”せよ

津波から奇跡的に生還した”禅僧”の「自分をアンロック」するブログ。

あなたが起こした「奇跡」は信じるに値する

希望を語るシンポジウムのはずが

今年の3月

あるシンポジウムにパネリストとして参加した。

3月ということは

震災に関するものだった。

タイトルが

「光に向かって」

震災直後から献身的に

市民と心ひとつに活動してこられた団体の方に

活動の経緯と未来への希望を語ってもらう

そんなシンポジウム。

 

の、はずだった。

 

が。

 

登壇者の皆さんが

口をそろえて

結論としておっしゃっていたことは

 

まだまだ大変だ…。」

 

に、尽きた。

 

そういうつもりではなかったかもしれないけれど

結果として

本音として

そう言うほかなかったのだろう。

 

そのとおりだろう、と思う。

まだまだ大変。

 

その場にいた200人の聴衆は

下を向いて

大きくため息を付いて

足取り重く席を離れた。

 

今こうして暮らしている奇跡

でも

私にはむしろ

各団体が行ってきた活動そのものが

4年後の今となっては

ほんとうに信じられないような

奇跡のような活動に思えてならなかった。

 

あの

津波直後

あの非現実的で

絶望的な風景を思い出すと

今日、今のこの状況まで立て直したことが

いまこうして暮らしていること

本当に奇跡のように思う。

 

奇跡だ。

ほんとうに。

 

satoryoki.hatenablog.com

よくやったなあ

先日、沿岸の街でタクシーに乗った。

他愛もない世間話からはじまったが

運転手さんは次第に

震災のことについて話し始めた。

 

  今おかげさまでこうして仕事してて

  それなりに不満もあるけど

  ありがたいですよ。

  生きてこうして働いてるんだもの。

 

  あの震災直後の風景思い出すとね

  よくやったなあっておもうんですよ。

  みんなが、ね。

  あの瓦礫の山をどう片付けるののかさえ

  まったく想像もできなかった。

 

  この町でまた暮らせるとは思えなかった。

 

  みんな、よくやったなあ。

  ほんと、よくやったなって

  思ってもいいんですよね…

 

ほんとうに

よくやった、と思います。

 

ほんとうに

ほんとうに…

 

東北の起こした奇跡

現在のこと

これからのこと

 

いろいろ課題はあるかもしれないけれど

 

私からすれば

 

震災から今日まで

今日のこの日まで

 

皆さんのしてきたことは

すべて奇跡だ

 

どんな理屈より

どんな不安より

 

信じるに値する

奇跡なのだ。

 

東北の

皆さんの起こした奇跡は

信じるに値する。

 

皆さんの起こした奇跡を

信じてみよう。

 

私は

私は

信じています。

 

Unlock yourself.

 

Unlock your life.