Unlock yourself. 自分を”アンロック”せよ

津波から奇跡的に生還した”禅僧”の「自分をアンロック」するブログ。

出会え 出会え 出会え

f:id:satoryoki:20171003130026j:plain

ごちゃまぜの寺

先日、今では有名になりつつあるあるブロガー「Sさん」をお寺に招いて、「ごちゃまぜの寺」なる企画をした。「お寺」をゲストハウスに見立て、そこで自然に生まれる出会いや気づきを楽しもう。そこにその”ブロガーSさんが、いる”ことで、話したかったら話せる場になることを願って企画した。

しかし。。。

 

人を大切に思うということ

結論から言えば僕の配慮のなさで、Sさんには”非愉快”な思いをさせてしまった。配慮、なんていうと格好がいいけれど、やはり僕はSさんを「大切に」思っていなかったのだと思う。もっと言えば、僕は「他人」を大切に思っていないのかもしれない。内心は、僕はSさんを「ゲスト」「お客様」ではなく、「友達」と勝手に思っていたフシがある。友達だからこのくらいでいいだろう、と。でも果たして(友達だから。。)という基準も、結局は僕が僕自身で仮設した基準にすぎないってことなのだ。そしてその基準は、僕自身から見ても「人を大切にしていない」と感じてしまうもの。実際、Sさんの寝る部屋をベッドメイクしながら、(Sさんを最初からもっと大切に扱いたかった自分)に気づいたのだった…

 

ibaya.hatenablog.com

あえて、口にする

しかし、そのSさんが”非愉快”さをあえて口に出したことで、思いもよらず参加者のみんなが”ほんとうのことを語りだす”場が生まれた。。。

内容についてはご想像におまかせするけれど、参加した”大のオトナ”ひとりひとりが、自分の過去や家族、生きにくさについて、まるでSさんという壁にスカッシュを打つように、ポツポツとぎこちなく言葉を放っていった。

多くの場合、「そこは言わなくてもいいんじゃないか」という領域の「ホントの気持ち」を、Sさんがあえて言ってくれたことで、その場が初めて本当の意味を持った。考えてみれば、Sさんのブログこそ、いやそもそも”Sさんという存在”が、自分自身の心情を「そこまで書くのか」と思うほど正直に、つまり自分に誠実に書いているからこそ、多くの人が共感し、涙し、人生の風景が変わってゆくのだ。

 

圧縮ファイルを解凍

一方で、僕自身はSさんを迎えに駅までゆき、意外にも自転車で現れたSさんをひと目見て、ある”完結”の・ようなものを感じた。それはブログを読ませてもらい、心情に深く共感しているSさんが「そこに実在する」ということに、ブログを読んだことで受け取っていた”圧縮ファイル”が解凍され、思いや感情がスーッと解けつつ自分自身に沁みわたってゆくような感覚だった。

 

(参考:過去記事)

satoryoki.hatenablog.com

 

出会え 出会え 出会え

翌日は隣の市で行われたSさんをかこんでの「おはなし会」に参加した。この会については別途書こうと思うけれど、やはりSさんに「出会う」ということが、参加者の人達に大きな変化をもたらしていたのが感じられた。

僕達人間は、自分が思うよりずっとずっと身体のあらゆるセンサーが精緻に出来ていて、身の回りで起きている世界を知覚しているのだろう。この会の参加者も、みんなSさんのブログは読んでいて、Sさんんが”話す内容そのもの”は、知識や情報としては知っているはずのもの。でも、「Sさんがそこに存在する」ということを「体験する」ことは身体のあらゆるセンサーでSさんを知覚し、相応の変化を受けつつも与えあっているのだ。

だからこそ、人に会うということの大きな意味がある。

それはその人に「答えを求める」のではなく、「その人という存在」に身体ごと出会う、まるごとを体験するということなのだ。

 

自分よ、まずは出会え。

出会え、出会え、出会え。

 

Unlock yourself.

Unlock encountering.

f:id:satoryoki:20171003130205j:plain

 

(参考:過去記事)

satoryoki.hatenablog.com

================

【 佐藤良規 】

*「津波で生き残った禅僧の”いのちの話”」

 「ほんとうの自分を生きる」

 「被災地で知ったほんとうのグリーフケア

 などの講話・講演・ワークショップ等のご依頼は

*メール bakachin2000@gmail.com

フェイスブック 

https://www.facebook.com/bakachin2000

ツイッター

法衣無き遊行者@佐藤良規 :bkcn2k

*プロデュースコンテンツ

インターネットラジオポッドキャスト

< 藤田一照「仏教で人生はもっと面白い!?」>

Itunesポッドキャスト)版】

 https://goo.gl/Zxe7jd

【ブログ版】

 http://fujitaisshopodcast.seesaa.net/

Youtube版】

https://goo.gl/gJBV48

====================

 

 

 

世界は”つながり”と”オハナ”の時代へ

f:id:satoryoki:20170923013034j:plain

オハナ・ラウンジ

前回に続きサンフランシスコでの

藤田一照さんのワークショップについて

もう少し書きたいと思います。

 

前回書いたグーグルのほかにもう一社

「セールスフォース」という会社で

ワークショップを行いました。

着いてみると市内の真ん中にそびえ立つ

”ツインタワー”がその社屋。

しかもその向かいに

地下鉄の駅を連結する予定の

サンフランシスコ最高層ビルを

新たに建設中!

地価が高騰を続ける

サン・フランシスコにあって

これはとっても特別なことだそうですwww

 

ツインタワーの最上階にある

「オハナ・ラウンジ」でのワークショップ。

(オハナ、とはハワイ語

    ”家族”)

サンフランシスコ市内と

ベイブリッジを一望し

植物や木材、石材など

自然素材を惜しみなく、センスよく使った

広いのにと〜っても心地良い

ラウンジでした。

f:id:satoryoki:20170923013108j:plain

Resilience と Forgiveness

今回のテーマは

レジリエンスとフォーギブネス。

レジリエンスとは、逆境や失敗において

しなやかに立ち直る力、

フォーギブネスは自分や相手を”ゆるす”力。

どちらも

最近のビジネスリーダーシップにおいて

テーマとなった言葉だそう。

(私には馴染みのない言葉でしたがwww)

 

山伏修行からスラックライン?!

藤田一照さんは、

まずは山伏修行において、修行者がすべてのことを

「うけたもう」ことが

修行のキモであるというエピソードと

ご自身の”遊び”であり”趣味”でもある

スラックライン(*)において

ラインから落ちることも学びであることと

困難な状況にこそリラックスして

身体に任せることが

状況を切り抜けるコツであることを紹介。

 

シリコンバレー企業」の「高層ビル」

「禅  ZEN」のワークショップで

「山伏」と「スラックライン」。。。

参加者の皆さんは

その意外な運びに少し驚きつつも

和やかに親しみをもって

聞き入っていたようにみてとれました。

(*)参考 ラックラインとは | viva relax スラックライン

 

ホバーマンスフィア(*)

続いて一照さんは

「閉じている自分」と「オープンな自分」という

ふたつの在り方について語り

レジリエンスもフォーギブネスも

(あるいはマインドフルネスもコンパッションも)

”閉じた自分”で”獲得する”ものではなく

”オープンな自分の中に発見し育ててゆく”

ものであると

ホバーマンスフィアを動かしながら

楽しそうに説いていきました。

 

(*)ホバーマンスフィアとは?   ↓


Hoberman Sphere

”Me OS" から "We OS" へ

そしてその2つの自分のあり方を、更に

”Me OS” (私という孤立的な世界観)と、

”We OS”(私たち、というつながりの世界観)

という表現に置き換え

レジリエンス、フォーギブネスともに

Me OSではすぐにやり切れなくなってしまい

We OSの世界観を感得してゆく必要がある、と

まさにデジタルエンジニアリングの表現で

禅で言うところの「有心と無心」の

最重要の”パラダイムシフト”を

軽やかに説き切っていました…

(個人的には Me OS より i OSのほうが

    語呂が良い気がしましたがww)

 

”つながり”と”友愛”の時代へ

ワークショップが終わった後

ジャネッサさんという方に(美人!)

社内を案内してもらいました。

 

各階にあるという瞑想ルームは

ブラインドで仕切られているために

高層階のやわらかな明るさが心地よく

そしていくつか坐蒲が備えてありました。

 

一照さんとジャネッサさん、

今回の立役者の木蔵シャフェ君子さん

三人を囲むように皆が座り

セールスフォースがどのように瞑想に取り組もうとし

会社と社会を変えてゆこうとしているかなど

とても親密に、くつろいで話しました。

f:id:satoryoki:20170923012713j:plain

オハナ!

"ITのメッカ"であるサンフランシスコの

なかでも最右翼であるセールスフォースの

高層ビルにある瞑想室。

衣を着た禅僧とデジタル・ビジネスパーソン

膝を交えて語り合う。

 

その光景こそ

一照さんがワークショップで言ったような

”つながり”の世界観と、そして”友愛”の

いや、国境を超えた「オハナ(家族)」の

ヴィジョンと世界観を象徴しているような

穏やかで美しい時間でした。

 

またまた、

その場に立ち会えた有り難さを

しみじ〜みしみじ〜み感じました…

 

「来年は隣の市内最高層のビルの

   最高層階のオハナ・ラウンジですね!」

と、僕が半ば冗談めいて言うと、

ジャネッサさんは間髪入れずこう言いました。

 

「もちろん!」

 

Unlock yourself.
Unlock duality anymore.

 

f:id:satoryoki:20170923013550j:plain

================

【 佐藤良規 】

*「津波で生き残った禅僧の”いのちの話”」

 「ほんとうの自分を生きる」

 「被災地で知ったほんとうのグリーフケア

 などの講話・講演・ワークショップ等のご依頼は

*メール bakachin2000@gmail.com

フェイスブック 

https://www.facebook.com/bakachin2000

ツイッター

法衣無き遊行者@佐藤良規 :bkcn2k

*プロデュースコンテンツ

インターネットラジオポッドキャスト

< 藤田一照「仏教で人生はもっと面白い!?」>

Itunesポッドキャスト)版】

 https://goo.gl/Zxe7jd

【ブログ版】

 http://fujitaisshopodcast.seesaa.net/

Youtube版】

https://goo.gl/gJBV48

====================

グーグルに舞い降りた”禅の魔法使い”

f:id:satoryoki:20170918053733j:plain

マジカル・ミステリー・ツアー

今年も縁あって、

勝手に師と仰ぐ藤田一照さんの

シリコンヴァレー企業訪問、

通称MMT(マジカル・ミステリー・ツアー)に

同行させてもらいました。

 

昨年はフェイスブック、セールスフォース、

スターバックスという

名だたる3社でのワークショップだったのですが

今年は昨年のリピートになるセールスフォースと

現在のIT業界、

いや世界の命運を握るとも言えるメガ企業

グーグル本社でのワークショップ。

 

2社ともに経済において世界を牽引する

巨大企業であると同時に

ビジネスにおいてマインドフルネス、

またコンパッションを実践して

世界をより良いものにしてゆこうとしている

リーディングカンパニーです。

※この訪問は、私も敬愛する

  グーグルの標榜するマインドフルネスプログラム

  SIYの日本人第1号のティーチャーであり

  日本のマインドフルネスを牽引しつつ

  禅や仏教の伝統を深く実践している

  木蔵シャフェ君子さんと、

  君子さんの周りの多くの方の、友情と好意と

  長い間の関係性と”果てしない努力”によって

  やっと実現したそうです。

  また

  後述するチャディーメンタンさんも

  その友情と、より良き未来のために

  例外中の例外として来てくださったそうです。

  この稀有なご縁に感謝するとともに

  このような機会は 

  決して一朝一夕、簡単には実現し得ないことを

  書き加えておきます。 

 

ギリシャからジブリ

ここでは主にグーグルでのワークショップについて

書いておこうと思います。

テーマは  Insight to make everyday sacred

(日常を聖なるものにする洞察)。

 

一照さんは、

カミュのシーシュポスの神話からはじまり

どうぶつの”のび”について話し

生命の内側から「もよおされてくるもの」を信頼し

その働きに任せてゆくアプローチについて

ユーモアを交えながら(自分が楽しみながら!)

丁寧に説きすすめていった。

新規採用は2000人に1人!と言われる

狭き門をくぐった精鋭たちの

グーグルの社員の参加者のみなさんも

とても熱心に、

誠実に聞き入っているのが見て取れました。

※参考  シーシュポスの神話

 

東西の巨人、相見す

実はこの一照さんのワークショップには

アメリカに始まり今や世界中を席巻している

マインドフルネスムーブメントの張本人の一人

チャディー・メン・タンさんが

お忍びで参加してくださってました。

メンさんは最前列に座り

しきりに大きく頷きながら聞き入り

ときに一照さんのガイドに従って

身体を動かし、共に瞑想坐禅だけれど)

皆と一緒にしていました。

 

驚きだったのは

その”特別感のなさ”!

メンさんは世界を動かすほどのプロジェクトを

いくつも手がけているにも関わらず

紹介されなければそうとはわからないほど

ほんっとうに「ふつう」の人で

まったく飾ることなく誰とでも陽気に挨拶を交わし

一照さんともランチをしながら

親しげに話し込んでいました。

 

藤田一照さんにも共通しますが

素晴らしい人に

このような、まったく構えない"在り方”があるのかと

本当に感銘を受けました。

 

※二人が何を話していたかについては

  のちほど一照さんから聞いたところによれば

  おもにメンさんが手がけている

  いわば「仏教で世界平和を実現する」

  プロジェクトの内容についての対話だったそうです。

  聞きたかったなぁ。。。


Chade-Meng Tan: Everyday compassion at Google

まさかのラスト

一照さんのワークショップもいよいよ終盤。

トップダウン、結果を想定しての努力という

坐禅・瞑想・または人生に対する

いわば、アプローチ”タイプ1”と

そこに起こることを、丁寧に見守り育ててゆき

そのはたらきそのものに委ねてゆくという

アプローチ”タイプ2”の2つを説きながら

なんと最後のコンテンツは

我らがスタジオジブリの「魔女の宅急便」の映像!

その主題歌の、ユーミンこと荒井由実さんの名曲

やさしさに包まれたなら」の英訳を引用しつつ

 

Let us live a life so that we can say

"Unconditional Yes!"  to it!

 

という”メッセージ”で

締めくくりました。

 

f:id:satoryoki:20170918053659j:plain

禅の魔法使い

ギリシャ神話の引用に始まり

どうぶつの”のび”

そして魔女の宅急便で終わるワークショップ。

 

その全ては体験してもらわないと

わからないのですが

 

日本を代表する禅僧である藤田一照さんの

ダイナミックな組み立てと繊細で丁寧なガイド、

驚きと気付きと納得と

そしてあたたかさと希望に満ちたワークショップ。

 

まるで、現代を象徴するITの聖地

グーグルに舞い降りた

「禅の魔法使い」のようでした。

 

僕は改めて一照さんのクオリティと世界観、

そして”仏教”、”禅”が

決してある特定の宗教宗派ではなく

世界の有り様、私たちの生きている奇跡を

ダイナミックに取り戻してゆく

”智慧の大河”だということを

心からワクワクしながら感じた時間でした。

 

いやぁ、ほんとにすごかった。

あの場に居られたことが実現した

すべてのひと、ものに感謝しかありません。

 

特に

このプロジェクトを、

より良き世界のために実現すべく

禅のトップランナーである藤田一照さんと

世界を牽引するシリコンバレーの企業を繋ごうと

個人的な友情と情熱をもって尽力した

木蔵シャフェ君子さんには

心から最上の尊敬&感謝申し上げます!!!

 

追記

できればこの学びと感動を

希望する方とシェアしたいと思いますが

 

だれか、います?

 

Unlock youself.

Unlock your life.

 


魔女の宅急便 やさしさに包まれたなら

 

================

【 佐藤良規 】

*「津波で生き残った禅僧の”いのちの話”」

 「ほんとうの自分を生きる」

 「被災地で知ったほんとうのグリーフケア

 などの講話・講演・ワークショップ等のご依頼は

*メール bakachin2000@gmail.com

フェイスブック 

https://www.facebook.com/bakachin2000

ツイッター

法衣無き遊行者@佐藤良規 :bkcn2k

*プロデュースコンテンツ

インターネットラジオポッドキャスト

< 藤田一照「仏教で人生はもっと面白い!?」>

Itunesポッドキャスト)版】

 https://goo.gl/Zxe7jd

【ブログ版】

 http://fujitaisshopodcast.seesaa.net/

Youtube版】

https://goo.gl/gJBV48

====================